二人で考えすぎるブログ

考えすぎずに書く練習をしています

これからの時代を生き残るには

f:id:ayak2012:20170819230450j:image
こんばんは。大分県豊後高田市に撮影に行っていました十専口人です。昭和の町という何とも雰囲気のある町を舞台に撮影していました。

もうそこに住む人たちが素敵すぎました!お店の前を通るだけで「暑かねー」とか「何の撮影ね?」とか、バンバン話しかけられます。その距離感の詰め方がなんとも心地よくて、一気にその町の一員になれた気がしました。

これからの観光地は、こういった「人の魅力」がキーになってくると思います。

時代を生き残るキー

人の魅力とは言っても、こう作ろうと狙って作れるものではありません。世間で「親切」や「真心」といった言葉で表現されるもの。私は、これからの時代を生き残っていくのは、こういったものが必要だと考えています。

ITの発達で、時代はどんどん便利になっています。誰でも簡単に意見を発言する場が作れ、ボタン一つで物が買える時代。本当に素晴らしい技術革新だと思います。

しかしその反面、意見しか言わない人が増えました。実物も見ないで物を買うのが当たり前になりました。そして、周囲が同調し、増長させる傾向。長いものには巻かれろ精神が万延しているように思います。

私が危ういなと思っているのは、本質を見ようとする大人がどんどん減っていることです。全てがその場しのぎの対応・対策に思えて仕方ありません。
いとも簡単にモノや情報が手に入るので、わざわざ苦労して手に入れる必要もなくなりました。その為、自ら動いて手に入れる人は少なくなり、コピーや真似事が増えました。更に、自分でオリジナルを作り出そうという人は、もっと少なくなりました。

簡単に手に入れることが悪いことだとは思いません。私も頻繁に利用しますし、もっと便利になれと思うことだってあります。ただ、それで思考や行動が止まってしまわないことが大切です。手に入れることより、どう使うか、何の為に使うのかの方が大事です。

最近は中身のないものに人がよく集まるなーと感じます。見栄えが良いもの、見た目がかっこいいもの、面白いもの、話題になっているもの。世間でヒットとされるものは、大抵そこしか注目されていません。これが資本主義の落とし穴だと考えています。

資本主義の落とし穴

資本主義の下にいると、どうしても「お金の為に働く」という感覚は拭えません。消費者が集まるもの、関心を持つものに必然と仕事が生まれます。皆が騒ぎ立てれば立てるほど、それをビジネスチャンスと、金儲けを狙う人々が必ず出てきます。そうやって生み出された商品やサービスに「心」は存在しません。だからコピーや真似事が平然と繰り広げられるのです。

しかし、本来モノや情報が生まれた経緯は、本当に必要だから作られたという事だと思います。もう一度、その初心に返るべきです。変わるべきは消費者たち。消費者が変われば、企業が変わり、世界が変わります。それが資本主義です。

今の消費者は、与えられ続けるのに慣れた大人たちです。だからこそ、与える側、生み出す側になる必要があります。その為にはどうしたら良いのか?まずは一度、立ち止まってじっくり考えてみましょう。

本当は何がしたいのか?

その為に、自分には何が足りないのか?

その足りないものを補うには、どうしたら良いのか?

そう考えていくと、自分から生み出す側に回らなければ仕方のない状況だと分かるはずです。

企業も同じです。本当の利益とは何か?それを探求してくと、心のない商品やサービスは生まれないと思います。

皆が秘めてるパワー

人の魅力は、やはり「心」にあると思います。これは人間にしか付加できないもので、それを感じることができるのも人間だけです。形はないし、目に見えないものですが、一瞬で大勢の人を幸せにもできるし、絶望させることもできる強力なパワーを秘めています。そんな世界を変えることのできるパワーを皆が持っているという事を、もっと多くの人が気づくと良いなと思います。

 

by 十専口人

私たちに与えられたのはこの体だけである

f:id:ayak2012:20170818160832p:plain

であるからして、

この体をいかに良い状態に保つか?

という視点はすごく大切だなーと、最近思っている。

人生の中に体があるのではなく、体の中に人生がある(正しくは、脳の中に)。

 

体と脳は密接に絡み合っているのだけども、

いわゆる現代的な生活においては、人間の脳の部分にばかり焦点が当たっており、あまりにバランスが悪い。まるで、人間とは脳みそであって、体とは単に脳みその入れ物である、というふうな扱われ方をしている。

(特に男性にはその傾向が強いと思う。女性の方が自分の身体について考える機会が多いからなのかもしれない。)

コンビニには脳を刺激するためだけの飲食物がたくさん売られている。ガムやカップ麺、ジュースや酒、お菓子、その他ジャンクフードなど。パンや弁当も、脳を刺激する部分をもっとも重視して作られている。

コンビニのお客さんは私たちの体でなく脳みそなのですね。

スマホも、ものすごく「脳みそ」的なアイテムだ。以前なら、情報の収集には本を探したり、探した本のページをめくったりといった身体的な要素がもう少し絡んでいたし、パソコンだって、スマホよりは身体的である。

タイピングは身体的で、フリック入力は脳みそ的だ。

 

だからって別にそれが悪いと言っているわけじゃない。

中高生に電子辞書を使わせず紙の辞書を使うよう強要するみたいな話馬鹿げていると思う(私が中高生の時にはそういうのあったんだけど、最近はどうなんだろう)。

便利なものは便利だから、自由に使ったほうがいい。役立てたほうがいい。

私自身スマホもパソコンも、とにかくコンピュータが大好きだし、その進化にはものすごく期待している。

 

しかし、だからこそ、自分自身の身体性をもっとしっかり意識しておかなければならないと思う。

 

五感を刺激して体の感覚をフルに使っていないと、脳みそも弱っていってしまう。

脳みそを健康に保つために必要なのは頭の体操ではなく、体の体操である。

重ねて言うが、脳みそはあくまで内臓、体の一部なのだ。脳みそが体を支配しているのではない。体が脳みそを支配している。

だからジャンクフードばかり食べていると脳みそは喜ぶが、体が疲弊していく。結果として、脳みそも弱っていく。

スマホから得た情報は、五感で得た情報ほど脳の栄養にはならない。栄養をとった気になっているけど、いつも脳は乾きを訴えているような感じがする。

 

他人にどうこう言うつもりはないけれど、

そういうことを最近考えている。

意識して体を動かす。

意識して情報をとりに行く。

意識して五感を刺激する。

意識して意識を殺す。など。

脳ばかりを働かせていると、体と一緒に共倒れになってしまう。

 

というわけで最近、バランスボールを椅子にして仕事するという、意識高い感じのことをやってみたりしている。それだけで結構、背骨や筋肉に意識がいく。

偏ってはダメだ。何事も。

 

宇井都

たまには詩的に

隣の芝生は青い。

なぜそんなに青いのか?
自分の足元を見てみよう。
うーん、やっぱり隣の方が青い。なんで?
目をつぶってみよう。
しばらくして目を開けて、最初に自分の芝生を見てみる。
あれ?さっきより青くなった気がする。

ん?よく見ると隣の芝生より青いじゃないか。
なんだ、目の錯覚か。
結局、最初に見た芝生が青く見えるんだ。
あれ?あっちの芝生は赤いぞ…

 

あの山に登りたい。
でも、道具持ってないしなー
買うと高いしなー
レンタルにしようかなー
それとも誰かに借りようかなー
とりあえず登ったことある人に聞いてみよう。
うーん、どの道具にするか迷うなあ。
あの人はこの道具が良いって言ったよなー
でも、あの人はこっちの道具が良いって言ったしなー
うーん・・・
うわ!あいつもうあんな所まで登ってるよー
俺も急がなきゃ。
あれ?俺なんであの山に登りたいと思ったんだっけ?


あの山の上にはお宝があるらしい。
何とかして上まで行きたいなー
しかし、いくつも道が別れてる。
どの道を行くのが良いのだろう?

 

ある人は、平坦な道を勧めてくれた。
体力はそれほど奪われない。
汗をかきたく無い人にはオススメだ。
ただ、ひたすら長い。
とにかく長い。
生きている間に頂上につくか分からない。
でも、それで良いじゃないかとその人は言う。
何をそんなに急ぐ必要がある。
急いで苦しい思いするなら、のんびり楽に行った方が良いじゃないか。
それに皆で歩いたら、途中で死ぬのも怖くないよ。
だから、一緒に行こう。
大事なのは、お宝より友情じゃない?

あ、あの人も誘おうよ。
あ、あっちの人も。
皆で歩けば怖くないからさ!

 

ある人は、馬に乗って行くのを勧めてくれた。
この馬はサラブレッドだからねー
高いよー
でも、買う価値はある。
だって、乗れば何一つ苦労せずに頂上に行けるんだから。
お得だよー 楽だよー
今を逃すともう会えないかもよー
ほら、あの人だって馬に乗ってるんだから・・・
はい、まいどありー
ところで、馬の乗り方は知ってるんだよね?

 

これを行けば間違いないという道はない
生まれて初めて歩む道なのだから
走るも良し
途中で休むも良し
誰かに聞くも良し
一人で探索するも良し
誰かの跡を追うも良し
一緒に歩む人を探すも良し

でも行き先は自分しか分からない。
自分しか決められない。

どんな道でも自分が歩んできた道に言い訳はできない。
紛れもなく、それはあなたが歩んだ道なのだから。
この先もずっと。

 

by 十専口人

怒っているということは多分、囚われているということだ

 

今日は本当に思っていることを書いた日記になりそう。

まあたまに、いや頻繁にそういうのやってるけど。 宇井都です。

 

もう世間に対して怒るのを終わりにしたい、ということを最近思っている。

怒っているのは多分、気にかけているからだ。世間の一員でいたいからだ。

 

先日、Yahoo!知恵袋で「先輩ママ」が「新米ママ」に対して盛大に説教かますのをぼーっと眺めながら、

唐突に、もう気にかけるのはやめよう、と思った。

 

いつか世の中に受け入れられる人間になれるのではと思っていたし、

持ち前の器用さによってそのような雰囲気だけは作っていたけど、

私のもっと根本的な部分が、ずっと苦しみっぱなしになっている気がする。ていうかつまらんのである。

 

小さい頃から、子供らしさを押し付けられるのがとても嫌いだった。

成長すると女らしさを押し付けられるようになり、それがまた苦痛だった。

大人になってどうにかこうにか器用にやれるようになってきたけど、

妊娠したら今度は、「母親らしさ」というのが始まった。

 

これは子供が生きている限り今後ずっと続くだろう。

ももう私は耐えられないと思う。いや、耐えたくない。

もうどう思われようが知ったことではない。

むしろ率先してダメ人間、ダメ女、ダメ母になってやろうではないか。

 

世間よ、私を見て笑うがいい。

 

私の子供は「かわいそうな子」と呼ばれるようになるだろう。「ダメ女の子供」みたいなニュアンスで。

だがそれも知らん。それは子供自身の問題だし、どのみちそんなことを気にしてたらろくな人生は送れない。申し訳ないけれど、そこは受け入れる強さを身につけてもらおう。頑張っていただきたい。

 

友達のことも家族のことも、一切を私の後回しにしようと思う。

自己犠牲なんかクソ食らえである。私は私が幸せになるために生きる。
そんなことをしたら周囲に嫌われるかも、みたいなのはもうやめよう。

それで嫌われるなら結構だ。どんどん離れていくがいい。
まあでも実際のところ自分が幸せになったら周囲にももっと愛情を持てると思うから、そこは楽観している。

 

いい子ごっこはもうおしまいにしなくてはいけない。

 

多分それが大人になるってことなんじゃないだろうか。

クズだらけの世の中で、自分だけがいい子でいようなんてムシの良すぎる話である。

私もどうせクズなのだから、どうせなら幸せなクズになってやろう。

 

というような最近である。

 

私はこれからどう変わっていくのだろうか。

人はいきなりは変わらない。少なくとも周囲から見れば。

ただ何かが決定的に、私の中で変化しているのがわかる。

もうこれは止められないだろう、ということがわかる。

 

少し怖い。世間に見放されるのは。異端になってしまうのは。

でもこの恐怖に慣れてしまえば、もうほとんどのことは怖くない、のかもしれない。

来年、再来年が楽しみだ。

どんな別人になっているだろうか。

 

宇井都

リーダーの役割

f:id:ayak2012:20170815233736j:image
こんばんは。今、山鹿市に来ている十専口人です。写真は今日明日と開催の山鹿灯籠祭りのワンシーンです。私は初めて見ましたが、とても美しい踊りでした。久しぶりに面白い祭りを体験することができました。
さて、今回はリーダーの役割について書きます。前回の記事で組織を活性化させる為にはリーダーの存在が必要不可欠だと書きました。では、どんなリーダーが適しているのでしょうか?

ボスとリーダーの違い

 f:id:ayak2012:20170815234042j:image

この図をご存知でしょうか?これはボスとリーダーの違いを的確に表した図です。このように、リーダーとはただ指示するだけではいけません。自ら先頭に立って現場で動いていることが何より重要です。良きリーダーとは「行動」と「結果」で示します。指示される側を自分に置き換えたらよく分かると思います。デスクから動かず、資料だけ眺め、指摘や指示しかしない上司をどう思いますか?絶対について行こうとは思わないでしょう。やっぱり、一緒に動いてくれる人、行動で助けてくれる人、結果を出している人の言うことは聞こうと思うのが自然だと思います。
「行動」と「結果」で示すことがリーダーの最低条件ですが、それ以外にもリーダーの役割がいくつかあります。

リーダーの役割

①目標を決める

組織として動く以上、全体の目標が必要です。しかし、各々で目標を決めていたら、人によって目標がコロコロ変わることになってしまいます。目標はブラさずはっきりと決めた方が良いので、誰か決める人が必要です。それがリーダーの役目です。組織を先導する、その向かう先を決めて皆を先導することが大切です。

②責任をとる

部下が失敗した時に、きちんと責任をとることです。これが当たり前のように世の中では言われていますが、実践している人は本当に少ないです。仕事を任せたら手を離れるのではなく、それは最後まで任せた人の責任があります。それを自覚していない人は、部下のせいにしたり、言い訳したりします。結局自分で責任をとる自信がないから、部下に新たな挑戦をさせなかったり、リスク回避ばかりに一生懸命な管理者で溢れているのです。良いリーダーは決して部下のせいにしません。

③役割とポジションを考える

リーダーはただ行動して結果を出せば良いというものでもありません。組織全体を大きくする為のトータルプロデュースが必要です。その為には、組織を構成するメンバーの性格や能力を把握した上で、組織の中での役割と、ポジションを決めることも大事です。組織全体の成長もそうですが、メンバー一人一人が成長できる配慮もしなければなりません。かなり俯瞰的な広い視野が求められます。

④目安箱であれ

リーダーは指示する立場ではありますが、決して独裁者になってはいけません。リーダーの言うことは絶対という組織は危ういです。それよりも、皆が近寄りやすい役であるべきです。すぐに相談できたり、指摘しやすい雰囲気を作ることもリーダーの務めです。先導する立場でありながら、皆が意見を言いやすい平等の立場であることが大事です。

⑤見守る

全て指示するというのも考えものです。時には任せるということも必要ですし、失敗しても時は手を出さず見守るということも大事です。要は何が一番メンバーの為になるかを考えるということです、組織の利益も大切ですが、その利益をつくっているのは組織で動いてくれる人がいるからです。その一人一人の事も真剣に向き合って考えられる人が良いリーダーだと思います。

リーダーにしか見えない世界

自分からリーダーやりますという人は少ないと思います。しかし、組織で動くならばリーダーがいなければ上手く回りませんし、存続もしません。リーダーには責任も義務も伴います。リスクだらけの仕事ですので、中々やろうと思う人も少ないです。だから、やらされている人がほとんどだと思います。きっかけはそれでも良いですが、やらされているという感覚があるうちは、組織は良い方向に進まないと思います。リーダーになるという事は、それ相応の覚悟が必要です。しかし、経験すると、組織の構成員のままでは決して見えない世界が見えてきます。こればかりは、やってみないと分からないものです。

 

by 十専口人

人の生き方にケチをつけたくなったら、 自分の精神の健康を見直せ

f:id:ayak2012:20170814100950p:plain

あなたには、どうしても文句を言いたくて仕方のない人がいるだろうか。
 
相手が自分に危害を与えているわけではないのに、それでも何か言わないと気が済まないような人。
 
まるでその人がいるだけで自分の存在を否定されているような気がする人。
 
そういう人がいるのなら、その人の何があなたをそんなにムズムズさせるのか、よく考えてみるべきだ。
 
相手が悪いということにしたい。悪口を言ってスッキリしたい。それはわかる。自分に向き合うのはみんな嫌いである。だかその苛立ちには、自分に向き合う上での重要なヒントが隠されている。
 
また逆に、あなたの周りに、あなたが何をした訳ではないのに、やたらにあなたを攻撃してくる人はいないだろうか。
 
あなたの身に覚えがないのならそれはきっと、あなたの生き方や存在自体の何かが、相手の心を刺激しているのである。
 

心を刺激された人の言動

 
人は自分でもどうにもできないような心のムズムズを感じた時、こういう話し方をする。
 
「そんな甘い考えじゃ上手くいかないよ」
「あなたはいいかもしれないけど、周りはどう思うかな」
「そういうやり方が通用するのは今だけだよ」
「親が泣くよ」「パートナーが可哀想」「子供が可哀想」
「そのうち見放されるよ」
「将来大変だよ」
 
パターンは全て同じである。幸せそうな状態の相手に、親切の皮を被りつつ水を差してやりたいのだ。
 
不安や罪悪感を感じて欲しいし、幸せを削ってやりたいと思っている。純粋な悪意である。
 
それでも親切の皮を被っているのは、相手が何も悪いことはしていないことがわかっているからだ。悪いことをしていない人を非難するような悪人にはなりたくない。でも、何か言ってやらないと自分の心のムズムズが収まらない。だからこういう言い方をする。
 

心を刺激されるのは何故か

 
人が理由もなく誰かに心を刺激され、文句をつけてやりたくなる時。それはハッキリ言ってしまうと、妬ましい時だ。
 
誰かに心を刺激されるのは、相手がうまくいっている、楽しそう、幸せそうだからだ。不幸そうな人に文句をつけたくなる人はいない。
 
誰かが幸せそうなのをみて心がムズムズする、そこにはどう言い訳をしようが、妬みの心がある。
 
自分がやりたくてもできないようなことをやって、それで成功している人を見ると、人の心はムズムズするように出来ているのだ。
 
上にも書いたとおり、妬みがある時、人は「そんなんじゃうまくいかないよ」と言う。
 
妬みがなければ、「こうすると上手くいくよ」とアドバイスをしたり、なんの含みもなしに、「うまくいくといいね」と言ったりする。
 

心のムズムズは感じる方の問題であり、感じさせる方が悪いのではない

 
あなたが誰かに無性に苛立ってしまう、ムズムズさせられてしまうのなら、自分に尋ねてみよう。「一体何がそんなに妬ましいのか?」と。
 
あなたは恐らく、何かを自分に禁じ、我慢している。
それは夢を追うことかもしれないし、今ある義務を捨ててしまうことかもしれない。本当はこうしたい、という熱い気持ちがそこには埋まっている。
それを掘り起こすのはあなたの問題である。そらは辛い作業であるから、多くの人が目を背けたがる。
 
が、目を背けてばかりいると、あなたの人生はどんどん虚しいものになる。周囲のすべてが妬ましくなり、チクチクと文句を言ってばかりの人になる。そんな人生を送りたいだろうか?
選択するのはあなただ。
 
逆の立場なら。あなたが、誰かに言われのない攻撃を受けているのなら、それを気にする必要はない。それは相手の問題である。
相手は自分の問題から目を背けるためにあなたに嫌がらせをしているだけである。
あなたが幸せそうに見えている証拠だから、喜ぶべきだと言ってもいいくらいだ。
 
相手の妬みに付き合って不安になったりするのは、思うツボである。無闇に不安がらせてくる人間は、あなたのピンチに手を差し伸べたりはしてくれない、ただの野次馬である。
 
理由なく人に文句を言いたくなったら、自分の心に向き合おう。
理由なく人に文句を言われても、気にしないこと。
 
以上でございます。ちなみに冒頭の写真はこないだの朝ごはんです。なんか意識高げなビジュアルになったんで乗っけてみました。
健康は宝。体も心も。
 
宇井都

活性化している組織とは?

f:id:ayak2012:20170813224511j:image

こんばんは。来週からの撮影ラッシュに向けて寝貯めをしている十専口人です。明後日から2週間休みなく撮影です。ちょっと笑けてきます(^◇^;)
前回は、不活性な組織について書きました。

あなたの組織は大丈夫? - 二人で考えすぎるブログ

おさらいすると

不活性な組織の特徴

①目標が共有されていない
②組織と個人が切り離されている
③意見を述べる場がない
④意見しか言わない
⑤リスクばかり主張する
⑥趣味嗜好で動く
⑦生産性のない時間が多い

そして、そんな不活性な組織から抜け出すには「抜け出す」「変える」かしか無いということです。

今回は、その為に知っておくべき「活性化している組織」とはどういう組織のことなのかをまとめてみます。

活性化している組織の特徴

①目標の共有がされている

何の為の仕事なのか、どこを目指しているのか、それを組織内で共有することです。目的を理解しないままの作業と、目的を理解してからの作業では、作業の質が変わってきます。作業する人のモチベーションも変わってきます。自分が組織の中でどんな役割なのか、その作業が何の役に立っているのかを自覚しているかどうかは大きいです。

②考える習慣がある

ただ言われたことをやるのではなく、考えて動く習慣があるかどうかです。たまに、困った時は先輩や上司に判断を仰ぐように教えている組織もありますが、あまり効果的ではありません。確かに目先の被害は最小限に抑えられるかもしれませんが、それでは誰も成長しません。判断を仰ぐ側もそれを教える側も、考える力を身につける為にやるべきです。まずは自分で考えて、どうしても無理な場合に尋ねる。尋ねられた時は、相手の考えをまず聞き、それが何で間違っているのか、どうしたら解決できるのか、その理由まで教えるという習慣が大事です。

③意見を述べる場がある

メンバーの考えを発表する場、聞く場があると組織全体が活性化していきます。大切なのは人の意見を否定しないこと。皆が気楽に意見を言える場があることで、組織に対する自分の役割を体感することができます。また、個人的に話すよりも、全員がいる場で話す方が、意見する側により責任が生まれます。それによって、真剣に考える習慣も生まれます。

④責任感を持っている

組織の仕事ではなく、自分の仕事としてとらえている組織です。何かトラブルが起こった際には自分が責任をとる、という気持ちで仕事に臨むと、作業への配慮がより細部に行き渡るようになります。最終的にはTOPが責任を取ることになるでしょうが、大事なのは一人一人が組織の代表であることを自覚し、責任逃れをしない風潮があることです。

⑤できる方法を考える

どうやったできるか?と常に問いかけ、できる方法を考える習慣がある組織は伸びていきます。一人だけができていてもダメです。組織全体にそういう空気感があることが何より重要です。誰か一人でも、できない理由を述べる人がいると、チームとして前に進む気持ちが薄れてしまいます。

⑥目的と理由が明確である

何をやるにしても、目的と理由を明確にし組織内に共有している組織には「芯」があります。そういう組織なら、例え担当者が変わっても常に同じ対応ができるでしょう。それはメンバーに明確な判断基準が作られているからです。考える根本が整っていれば、状況が変わっても臨機応変に対応できるようになります。

PDCAが回っている

Plan(計画する)、Do(実施する)、Check(評価する)、Action(改善する)。このサイクルが回っているかどうかです。特に最後のActionができているかどうかがポイントです。常に改善する為に動いている組織は、このサイクルが上手く回っています。

⑧ONとOFFがしっかりしている

仕事とプライベートの境界線をしっかり設けているかどうか。仕事、仕事と真面目なことばかりやっているのも楽しくありません。時には笑ったり、冗談言ったり、遊んだりできる関係というのも大事です。しかし、そんな関係を仕事の時には持ち出さないこと。仕事でもなーなーになってしまうと、責任ある仕事ができなくなります。仕事とプライベートにきっちり線引きすることも、組織で動くには大切な意識です。

⑨TOPを信頼している

組織で動く以上、最終的に決断をする人が必要です。リーダーや責任者とされる人物。その人を全員が信頼しているかどうかが、活性化している組織の肝でもあります。舵を取っている人を信じることができなければ、メンバーは力を存分に発揮することができません。TOPの判断を心から信頼できるからこそ、メンバーは迷わずに動くことができます。

リーダーの存在

活性化している組織は、言い換えれば「自立している組織」ということです。TOPがいなくても動ける組織であるかどうかです。しかし、それにはTOPの考え方や価値観が全員に浸透されていなければなりません。そこで必要になるのが、皆から信頼されるリーダーの存在です。ただ、このポジションになれる人は限られてきます。それは、能力や経験もさることながら、大きな責任と義務が伴うからです。その代償を払う覚悟のある人間が、組織を活性化できるリーダーになることができます。活性化している組織には、必ずこのリーダーがいます。というよりも、このリーダーが組織を活性化していると言った方が良いでしょう。

次回は、このリーダーについて書いてみます。

 

by 十専口人