二人で考えすぎるブログ

考えすぎずに書く練習をしています

だれでも楽に稼げる方法

宇井都です。
今回は「楽してお金を稼ぐ」ことについてです。
 
アルバイト、派遣社員契約社員、正社員、自営業・・・
働き方は様々ですが、仕事というのは、楽なことばかりではありませんね。
日々ストレスを抱えて、それでも働き続けるのは、やりがいを感じるから、勉強になるから。
そんな理由もありますが、ほとんどの人にとって、最も大きな理由は「お金をかせぐ必要があるから」ですよね。
お金がなければ生活していけないのですから、それは当然のことです。
どんな人も、お金のために、生活のために、多少の辛さを我慢て、ふんばって働いているのです。
 
でも、時には、仕事に堪えられなくなることもありますよね。そんな時、
「仕事をやめたい・・・」
「どうしてこんなに辛い思いをして、働かなきゃならないんだろう・・・・」
「楽してお金を手に入れる方法があれば良いのに・・・」
 
そんな風に感じるのは、ごく当然のことです。
楽してお金を手に入れる。そんな方法があるなら、誰だって知りたいはずです。
 
でも、実際のところ、楽して儲ける方法はあるのでしょうか?あるとしたら、それはどんな方法でしょうか?
 

上手い話は存在しない

特に仕事で参っている時や、「どうにかして、楽にお金を稼げたら・・・」などと考えているとき、ネットや雑誌の広告などで、「楽して儲ける」「◯◯だけで、年収◯◯万」「誰でも簡単に、◯◯円を手に入れる」・・・といったようなうたい文句が、目に留まったことはありませんか?怪しいなあとは思っても、ちょっぴり気になりますよね。中には、実際にクリックして、詳細を確かめてみた人もいるかもしれません。
楽して、簡単に、誰でも出来る方法で、お金が入る。
もしもそんなことが本当に起ったら嬉しいですが、現実的には、そんなことはまず起りません。
「うまい話」はありません。
よく考えてみれば、お金が発生するということは、誰か、お金を払う人間が存在するということです。
そして人は、世の中は、「誰にでも出来ること」には、高いお金を払いません。
このルールに例外はありません。
ですから、いわゆる「うまい話」も、フタを開けてみれば、「儲かる『かもしれない』方法」「『上手くやれば』儲けにつながる方法」を、「有料で」教えてもらえる、という話だったりします。
もちろん、そういった話は完全に無駄ではありません。普通に生活しているだけでは想像もできないようなお金の流れを知ることが出来、とても勉強になりますから、視野を広げるという意味では大いに役立つことと思います。
しかし、そのような「うまい話」で、実際に「楽して儲ける」ことを実現できるか?といえば、やはり難しいでしょう。
 
 

人がやりたがらないことをやるか、人に出来ないことをやるか

上でも書きましたが、「誰にでも出来る簡単なこと」で、お金を稼ぐのは難しいことです。
では、どんなことをすればお金を稼げるか?そこを掘り下げると、答えはとてもシンプル。
・人がやりたがらないことをやる。
・人に出来ないことをやる。
このどちらかに尽きます。
まず、仕事の基本は、「人がやりたがらないことをやる」こと。
例えば、セールスという仕事が成り立つのは、世の中の人間のほとんどが、「タダ働きだとしても、趣味として、自分からすすんでセールスをやりたい!」とは思わないからです。
飲食店が成り立つのは、食事を作るのが面倒だから。クリーニングが成り立つのは、洗濯が面倒だから。
世の中の仕事のほとんどが、「人がやりたがらないことをやる」ことで成り立っていると言えます。
また、「人に出来ないことをやる」ことに対しても、人はお金を払います。
これに関しては、芸術家やスポーツ選手などが想像しやすいですね。
芸術やスポーツは、「タダでもやりたい!」という人がいるので、お金にはなりにくい分野ですが、「人には出来ない」レベルに到達すれば、これはお金につながります。
さらに、世の中のルールとして、「人に出来ないこと」と「人がやりたがらないこと」が重なると、さらに多くのお金を稼ぐことが出来ます。
上の例で言うと、セールスの仕事において、他が追いつかないほど売る事が出来れば、大金を稼げる可能性は上がります。
人に作れないような料理を作れれば、飲食店は儲かります、人には落とせないようなシミが落とせれば、クリーニング屋はさらに儲けられます。
このように、世の中の全ての仕事は、「人がやりたがらないこと」「人に出来ないこと」の組み合わせで成り立っています。
あなたも、お金を稼ごうと思うのなら、このどちらかに取り組むしか方法はありません。
「人がやりたがらないこと」をやるか、「人に出来ないこと」を身につけるか。
どちらも、楽ちんな道ではありませんね。
このように見て行くと、仕事が辛いのは当然のことのように思えます。
「楽してお金を稼ぐ」ことは、やはり不可能な夢物語なのでしょうか?
 

楽な事=好きな事。

それでも見方を変えれば、「楽してお金を稼ぐ」ことは可能です。
その方法は、ずばり「あなたの好きな事で」働くこと。あなたの好きな事は、何ですか?あなたが大好きなこと、時間を忘れて没頭してしまうこと、何を置いても、それをしていたいような事。
それをやるのが一般的に大変だとしても、あなたはそれをやる時、辛い、苦しい気持ちにはならないはずです。
例えば私にとって、このような文章を書いたり、絵を描いたり、何かをデザインすることは楽しいことです。時間を忘れて没頭できます。ですが、私以外の人は「そんな面倒なこと、やってられない」と感じるようなのです。つまり、人にとっては「辛く、大変なこと」ですが、にこにとっては、まさに「楽ちんで、楽しい」ことなのです。
このような場合においてのみ、「楽してお金を稼ぐ」ことが現実になります。
簡単に言ってしまえば、好きな事を仕事にすれば、仕事が辛くなくなるのです。
そんなの当たり前、と思うかもしれません。そんなのはごまかしにすぎない、「楽してお金を稼ぐ方法」とは、「少ない労力で、最大限のお金を引き出す方法」であるべきだ、と。
でも、人は、全く好きでない、やりたくない事を我慢して1時間やるよりも、大好きなことを10時間やっている方が、圧倒的に楽だと感じるものです。
楽をしたいと思うと、ついつい、労働時間が短いとか、お給料が高いとか、そういう「手っ取り早い」仕事を探してしまうものですが、
あなたが、本気で「楽してお金を稼ぎたい!」と思っているのならば、結局のところ、好きな事を仕事にするのが一番の近道なのではないでしょうか。
 

「好き」という強み

好きなことを仕事にするとは言っても、ただ好きなことをやっていれば儲かるというわけでは勿論、ありません。
どういう仕事を選ぶか、どのように働くかということが大事です。でも、「好き」という気持ちが幸福の指針になってくれるのは間違いないと私は思っています。
 
今回は以上です。
 
宇井都