二人で考えすぎるブログ

考えすぎずに書く練習をしています

満たされて生きるとは?

f:id:ayak2012:20170807213443j:image

こんばんは。撮影の為、明日から大分へ出張の十専口人です。朝3時起きです(T . T)
今朝、会社へ向かう道中にあるものを見つけました。

「満たされて生きる」

そう書かれた紙が、教会の入口に貼ってありました。そして、少し考えました。「満たされて生きる」とはどういう事を言うんでしょうか?

満たされる時ってどんな時?

食事で例えると、お腹いっぱい食べた時?それとも美味しいものを食べた時?それとも大好きな人と一緒に食べた時?感じ方は人それぞれですよね。

ただ、果たして満たされっぱなしの人生ってあり得るのでしょうか?

お腹いっぱい食べ続けたら、太っていきますし、それでも続けると病気になるかもしれません。美味しいものばかりを食べ続けたら、必然とお金がかかりますし、それでも続けると金欠になるかもしれません。大好きな人とずっと付き合う事ができれば良いでしょうが、いつかは別れが訪れるものです。

そう、永遠に満たされる状態が続くわけではないのです。それでも人は、常に満たされたいと思って生きています。言い方を変えれば、常にどこか不足感を感じて生きているということです。

不足感と充足感

人の成長の為に必要だと思うのが、この不足感と充足感の繰り返しです。人は生きている以上、「○○が欲しい」「○○をやりたい」「自分には○○が足りない」などの不足感を感じます。それを得る為に努力して、何とか手に入れようとします。そして望んだものが手に入った時には、次に足りないものを感じています。

不足感は誰でも感じることができるものですが、充足感は皆が感じられるとは限りません。常に不足感を感じ続ける人も中にはいると思います。その人は、何で自分はこんなに不幸なのか?何をやっても上手くいかない、所詮人生こんなものだ、と半ば諦めてしまう人もいるでしょう。しかし、考え方を変えれば、誰しも充足感を感じることができるようになります。

ハードルを下げる

ここで私がポイントだと思うのが、それぞれのハードルの高さです。不足感を感じるハードルも、充足感を感じるハードルもできる限り低く低くして、繰り返すスパンを短くし、頻度を多くしていく事が重要です。
例えば、「月収100万円欲しい」と思って努力するのと、「まずは月収5万円上げよう」と思って努力するのとでは、見ている距離が異なり、それによってやるべき行動が変わります。

人によって合うやり方があると思うので一概に言えませんが、あまりにも遠くのものを見ていると、そこまでの道のりを頭で描く事ができません。月収100万円にする方法は検討がつかないかもしれませんが、月収5万円上げる方法なら色々と思いつきそうじゃないですか?そうやって、まずはある程度道のりを描けるゴールを目指すことが、達成の近道だと思います。そして、それをとにかく沢山繰り返していくことです。
また、ちょっとした事でも達成感を感じるように意識することが大事です。例えば、今日は昨日よりも○件多くアポが取れた、いつもよりアポまでの流れがスムーズになったなど、できた事、成長した事にフォーカスしていくと良いです。

そして、できた自分を褒めて、認めてあげることで、継続する為のモチベーションが生まれます。今月は売上ノルマ達成できなかったから駄目だ、と思うよりも、今月は新規顧客を増やすことができたから良し。来月は、その顧客から今月の不足分を補うぞ!と思えるかどうかです。

結局

常に「満たされて生きる」ことはできないだろう、というのが私の見解です。何か足りない、もっとこうしたいという欲求があるからこそ、人生は楽しいのではないかと思います。目指すものがなくなった人生に面白みはあるのでしょうか?

人は満たされたいと思って生きながらも、決して満たされることはない。そんな矛盾の葛藤の中で生きていく生き物なのだと思います。

 

by 十専口人