二人で考えすぎるブログ

考えすぎずに書く練習をしています

人生を良くする10の言葉

f:id:ayak2012:20170701164711p:plain

こんばんは。セブンの「いちご練乳氷」にハマりまくっている十専口人です。マジで美味しいです!≧o≦

前回「人間をダメにする10の言葉」について書きました。

hitorino.hatenablog.com

今回は、予告どおり人をプラスにする言葉について書いてみます。前回も書きましたが、普段どんな言葉を発しているのか、というのは人間性を見る上で非常に重要です。それ次第で人生が変わると言っても過言ではありません。なぜなら、言葉は思考の産物だからです。その人がどういう思考をし、どんな価値観をもっているのかが如実に表れます。ナポレオン・ヒルの名言「思考は現実化する」のとおり、思考が人生を決めているのです。プラスの人生を歩みたいのなら、プラスの思考を。プラスの思考を身につける為には、プラスの言葉を心がけると良いでしょう。

①凄いね!良いね!

褒める言葉です。ちょっとした事でも「凄いね!」と言われると誰だって嬉しいですよね。それが、次の挑戦の原動力になりますし、それによって周りも影響され、相乗効果的に力を発揮することも多いです。また、自分に対して使うのもお勧めです。少しでも出来ることが増えたら自分を褒めてあげる。そんな事で変わるわけない、と思う方もいるかもしれませんが、かなり効果的です。自分を認められない人間は、人も認めることができません。まずは自分を精一杯認めてあげることです。

②どうしたらできる?

可能性にフォーカスするように心がけると、面白いほど必ず何かが見つかります。できないと感じるのは、できる事を見ようとしていないだけ。できないという不安は、脳の自己防衛本能から来るものなので、全てを無くすことはできません。ただ、できる方法を考えるだけで行動と結果が天と地ほどに変わってきます。例えば、幅の広い川を飛び越えたい時、できないと思えば、遠回りするか諦めるかでしょうが、どうやったら渡れるか?と考えると、棒を使おう、浮くものを探そう等、方法は色々と出てきます。

③~します

私も言葉で一番気をつけるのが、この言葉です。よく「~しようと思います」と言ってしまうことがあります。しかし、思いますの中には、出来ないかも知れない、その時は許してね、という甘えた気持ちが隠されているのです。そういうつもりも無く、無意識のように使っている人も多いでしょうが、「思います」を「します」に変えるだけで、向き合う覚悟が変わってきます。これも面白いもので、発言を意識的に変えて行くと、結果も変わってきます。

④そもそも

原点に立ち返る言葉です。「そもそもこれをやる目的は?」「そもそも何でこうしたんだっけ?」そうやって問いかけることで、本来目指すべき方向を再度確認できます。仕事でもプライベートでも、何か困ったり迷ったりしている時は、この言葉を使うとスッキリすることも多いでしょう。そもそも自分は何がしたいのか?日々忙しすぎて無意識的に過ごしている人も多いと思いますが、「そもそも」を自分に問いかける時間も大切です。

⑤これを超えたら・・・

未来の希望にフォーカスする言葉です。初めてのことや大きなことに挑戦する時、どうしても不安ばかりに目がいきがちです。「希望」と「不安」はいつも隣り合わせにあります。要はどちらに目を向けるかだけの問題です。これを乗り越えたら何が待っているのか。自分のプラスになる面を考えてみてください。きっとワクワクしてたまらなくなるはずです。もしワクワクしないのなら、その程度の事ですので挑戦自体を辞めた方が良いかもしれません。ゴールにワクワクするようなものがないと、乗り越える原動力がなくなります。逆に言えば、そのワクワクを見つけ、見続けていれば、どんな逆境も乗り越えることができます。

⑥必ず

「たぶん」よりも「きっと」、「きっと」よりも「必ず」。使う言葉を変えていくだけで、物事を受け止める真剣度が変わってきます。希望ではなく現実にするという覚悟が生まれ、その覚悟は必ず行動に表れます。行動が変われば結果も変わります。最初はすり込みでも良いので、自分の中で実現度を上げていくことが大切です。

⑦他に無いか?

視野を広げる言葉です。何かに夢中になっていると周りが見えなくなる時があります。自分の考えたアイデアが最高と思い、熱くなり過ぎて、周囲の言葉も耳に入らず暴走している人ってたまにいませんか?そうならない為にも、人に聞くこともそうですし、何か決めたとしても、他に無いか?と自問することを心がけると、意外なアイデアが生まれたりします。

⑧なぜ?なぜ?なぜ?

物事や相手のことを深く知る時に重要なのは、分かった気にならないということです。なぜこれはこうなのか?どうしてあの人はあんな事をしたのか?そうやって理由や原因を突き詰めていくと、見えなかったものが見えてきます。視点を変えること、相手の立場になること、一度で終わらずとことん追求していくと、問題解決の糸口になります。

⑨すぐやります

言葉もそうですが、心がけが大事です。後回しにせず、すぐやる事を心がけると、周囲の見る目が変わってきます。すぐやる事にこだわると、軌道修正する時間も長くとれるわけですから、当然、結果も良くなっていきます。また友達のメールのやり取りなどは、優先順位が低い人も多いと思いますが、これも結構大事です。誰かを信頼する基準の5割(私は8割)が、対応の早さだと思います。表面状は気にしていないように見えても、心の底は丸っ切り逆のことを感じている場合も多いです。自分と相手の立場は全然違うわけですから、自分が余裕ある時でも、相手は切羽詰まっているかもしれません。何事も早く対応するに越したことはありません。

⑩ありがとう

相手に感謝する言葉。発すること以上に、些細なことにも感謝できる気持ちを持つことが大切です。当たり前という感情が、自然と周りを傷つけることも多いです。当たり前って誰が決められるものでもなく、そもそもこの世に存在しないものです。年齢性別経験は関係なく、謙虚な気持ちで人と接していると、いつの間にか自分もそうされるようになります。ありがとうは大切な言葉です。

最後に

言葉を意識するだけで、人生が面白いように変わっていきます。私も劇的に変わった経験があるので、自信を持って言えます。日々の心がけ一つです。もし人生をプラスに変えたいと思っている人は、是非プラスの言葉を使うように心がけてみてください。

 

by 十専口人